iOS10のRAW撮影&現像を試す。

さてさて、先日のiPhone7発表後にiOS10のアップデートが配信されたのですが皆さんはアップデートお済みでしょうか?
生贄になるのが大好きな私はもちろんアップデートしました。
今回のアップデートで写真好きな方々の注目を集めたのはやっぱりRAWデータへの対応じゃないでしょうか。
僕がアップデートしたのはそのためと言っても過言じゃないです。

軽く各プレスが出してるiOS10のRAW対応についてざっくりまとめとくと…

標準のカメラアプリではRAW記録未対応。撮影には対応したカメラアプリが必要

そして今回のRAW対応にいち早くアップデートで対応してくれたのはadobeさんである。
Lr mobileで撮影と現像に対応してくれている。

Lr mobileで撮影することによってadobeが開発したDNG形式というファイルで記録される。
なお、Adobeの日本法人のブログではDNGの特徴についてまとめているので是非確認して欲しい。
https://blogs.adobe.com/creativestation/photo_lr-for-ios-2-5-0

RAW対応になったLr mobileをさくっとチェックしてみる。

僕が利用している環境をまとめておくと以下のような感じ。

  1. iPhone6s plus iOS10
  2. Lr mobile v. 2.5.0
  3. PC側ではLr 2015.5

Lrカメラ画面

Lr カメラの画面
まずはLrでRAW撮影をする画面ではこのようになっている。
DNGで記録する場合は、左側に保存形式の表示が出る。
このカメラ機能は水平器の表示があってちょっとだけ便利。

ファイルブラウズ画面

ファイルブラウズ画面
Lrで記録したDNG形式はiPhone添え付けの写真アプリでは見ることができない。
なのでDNG形式のファイルを見ることができるのはLrからのみである。
撮影&閲覧はLr内部のみということには注意が必要だ。

現像画面

現像画面
そして現像画面はこちら。とりあえずRAW対応以前からのLr mobile画面と全く変わらない。
ただし、ファイルが重たいのでiPhoneの作業環境ではホワイトバランス変更やノイズ軽減など意外と処理のもたつきが生じる。
ゆえに他の写真加工アプリのような軽快さは期待してはいけない。

DNG形式のファイル一つのサイズは確認すると13MB〜18.6MBほどの間で記録されていた。

さあテストシュートに出発だ!!

ということで僕はサラリーマンなので昼間の撮影は平日できない。夜の街を散歩しながらDNGの写真を二日かけて約300枚ほど撮影してきた。
ここに載せる写真はLr mobile内部で現像したものである。
PCのLrと同期させることでPC環境で他の一眼レフorミラーレス同様の現像環境を使えるようになるがまずはiPhoneだけでどこまでやれるか試してみようと思う。

ということで最初の一枚。横浜の夜景。

Lrで撮影、オリジナル状態
(F:2.2 SS:1/15 ISO:800)

これはLrのカメラで撮影したデータを調整をかけずにJpegに書き出した状態である。
Lr mobileで現像した写真にはAPCという文字列から始まるファイル名で保存される。
保存されたDNGのexifを確認するかぎりではLrのカメラはどうやらシャッタースピードは最低値が1/15に設定さているようだ。

iPhoneカメラで撮影
(F:2.2 SS:1/4 ISO:320)

こちらはiPhone標準のカメラアプリで撮影した状態。
シャッタースピードは1/4!!絶対ぶれるだろ。
どうやらアップルのカメラアプリとLrのカメラアプリでは撮影時点でやれることに差があるらしい。
この時点で私にはiPhone標準カメラアプリとLrのRAW環境を比べて現時点では優劣つけることができないんじゃないかと考えた

iPhone標準のカメラアプリでは手に入れることができないRAWデータで豊富な色情報を手に入れられるかわりにLrカメラでは撮影時の設定に制限がかけられている。
要はカメラアプリとしては少し物足りないってわけだ。(※一部の撮影状況での対応においてってことね。)

ただ、上にあげた二枚の写真を見る限りだとLrの写真はiPhoneの写真よりも光の微妙な階調を若干だけど細かいディテールで表現できているのがわかる
そしてiPhone標準のカメラアプリの写真ではノイズリダクションがかかっているせいかビルの壁面がのっぺりしているように見える。
ISO感度と露出の違いも影響しているとは思うがRAW形式のほうが確実に多くの情報量を持っているようだ。

Lrで現像したデータ
というこでLr mobileで現像してみた。ホワイトバランスやハイライトや色相やらあれこれいじったりしたものである。
書き出したJpegはカメラロールに保存される。出力にかかる時間は一枚あたりだいたい12秒くらいだろうか。
一眼レフや高級コンデジのような滑らかで豊かな階調を期待してはいけない。ノイズザリザリだし解像感なんてかけらもない。夜景に関しては。
それでもJpeg撮って出しをいじるよりかは幾分かマシかもしれない。

てなわけでiPhoneのLrで撮影してiPhone上で現像した写真を何枚かあげておく。

画像1
(F:2.2 SS:1/15 ISO:400)

画像2
(F:2.2 SS:1/15 ISO:1250)

画像3
(F:2.2 SS:1/15 ISO:200)

画像4
(F:2.2 SS:1/15 ISO:400)

画像5
(F:2.2 SS:1/30 ISO:160)

画像6
(F:2.2 SS:1/15 ISO:640)

今回のiOS10のRAW現像対応はiPhoneのカメラでできることを増やす対応でiPhone写真の楽しみをひろげてくれるものだといじってみて感じた。
これまでアクセスすることができなかったiPhone写真のRAWデータに触れられるだけでなく編集もできてしまう!!
iPhoneの標準カメラアプリで撮ればノイズリダクションやホワイトバランスなどをいい感じに仕上げてくれるのに対して、Lrカメラで撮った場合は
自身であれこれ考えて現像する必要が出てくるため写真にそんなに興味がない人や、さくっと撮って終わらせたいライトユーザーにとっては魅力的には感じないものだ。

現時点では出たばかりの機能だが、ひょっとすると今後は様々な画像編集アプリがRAW現像をサポートすることでより高度な情報量を生かしてより豊かな表現が簡単にできるようになれば、
意外にもフォトグラファだけでなく一般のライトユーザーにとっても恩恵がでるんじゃんないだろうか。

あんまりまとまってないけど最後にひとこと!

Adobeさん素敵なアプリのアップデートありがとうございます!!!
Lr mobilのカメラ機能でシャッタースピードとISO感度を自分で設定できるようにしてくれると超嬉しいので是非ご検討宜しくお願い致します!!

以上


Raspberry Pi3にPyenvをいれてみた。環境構築メモ

ハード:Raspberry Pi3
OS:Raspbian Jessie
SSH接続して使う環境下での記録です。

pyenvについて

複数のバージョンが異なるPythonを一か所に共存させて切り替えて使用させることができる。
システム添えつけのPython環境をいじらないのでシステムファイルをいじりたくない場合に便利。
Python環境とライブラリをセットにして自分の開発環境を組んでおける。

githubに詳しい説明がありますのでこちらを読んでください。

自分の場合はPythonそのもののアップデートやライブラリの無尽蔵なインストールとアンインストール
などでシステム添えつけの環境を破壊してしまったら怖いのでpyenvを使ってみることにした。

通常の場合だとRaspbianのPython環境は以下の場所に収められている。

/usr/bin

自分の場合はPython2.7と3.4が入っていた。

pyenvを使うと、次のような配置で新しい専用の場所を確保し、Python環境を構築するようになる。
なんかへまをやっても/.pyenv以下をrmしてしまえばいいので大丈夫…なはず。

/home/pi/.pyenv

Raspberry Pi3に入れる手順

※Macユーザーの場合はhomebrewを使うことでインストールができるけどRaspbianはLinuxbrewを使ってもインストールできない。

インストールにあたり参考にさせていただいたサイトはこちらです。たくのこ Web Ubuntuにpyenvを用いてpythn環境を構築しました。

パッケージのインストール

sudo apt-get install git gcc make openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev

.pyenvを作成してそこにpyenvをクローンする。

git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

.bashrcにパスを設定してpyenvを使えるようにする。

まずは.bashrcを見付けよう。ということで/home/piに移動する。
次に以下のコマンドでフォルダの中身を表示する。

ls -a

オプションで-aをつけることで普段は見れないファイルやフォルダを見れるようになる。
せっかくなのでこの時にちゃんと/home/piの内部に.pyenvが作られているか確認しておこう。
続いて.bashrcを設定するべくエディタで開く。vim以外のほかの何でもよい。

sudo vim .bashrc

.bashrcはbashの環境設定が記述されている。
ファイルブラウズする際の色分けに関する設定や環境変数などを収めてある。
末尾に以下の設定を記載する。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

.bashrcの変更を保存したら。

source .bashrc

のコマンドをたたいて変更を有効にする。

Pyenvの利用

まずは、いままでの導入作業が報われているか確かめよう。

pyenv

とコマンドをターミナルでたたけばちゃんと動くはずだ。

PyenvにPythonを入れてみる。

そのままの状態ではpyenvの環境は空っぽなのでお好みのpython環境をインストールしてやる必要がある。

pyenv install --list

pyenvでインストールすることができるpythonのバージョンを一覧で見ることができる。
また、パッケージ管理ソフトもあるので好きな組み合わせを使うことができる。

pyenv install 2.7.12

僕の場合はこんな感じで2.7.12をチョイスしてみた。※miniconda-latestも試しに入れてみた。
インストールには結構時間がかかる。20分くらいかかっただろうか。その間はほかのことをして待っておいたほうが良い。
なおanacondaやminicondaなどはnumpyなどの外部のライブラリが一緒に備わっている状態のパッケージであるが、
Raspberry piでは利用できない場合があるので注意が必要。
次にpyenvに正しくインストールされたか確認するために以下のコマンドで導入された環境を確認する。

pyenv versions

するとこんな感じで一覧がでるはず。

*system (set by /home/pi/.pyenv/version)
  2.7.12
  miniconda-latest

*がついているのは現在指定されているpython環境を表している。
試しにここでターミナルからpythonをたたいてみよう。すると自分の場合はpython2.7.9が立ち上がった。
この場合だとRaspbianに添えつけて備わっている環境が動いているようだ。
そこでpyenvの2.7.12を使うべく切り替えのコマンドをたたく。

pyenv global 2.7.12

この後にまたpyenv versionsをたたいてみると2.7.12に*マークがつくはずだ。
この状態でpythonをたたいてやれば2.7.12が呼び出される。

あとは好きなようにパッケージのインストールをしたりプログラムを作ればよい。
ということでほかに気付いたことがあったら随時追記していきます。

参考リンク

たくのこ Web Ubuntuにpyenvを用いてpythn環境を構築しました。
https://github.com/yyuu/pyenv
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0284.html


モバイルバッテリーとシリコンバンドが良いコンビ

ポケモンGOを機にモバイルバッテリーを買い換えました。

最近なにかと話題のポケモンGO、私も流行りものには抗えない性格なので配信初日にダウンロードして遊び続けている。
現在のレベルは16。まだまだひよっこです。
そんなポケモンGO、GPS使ったりAR使ったりで結構電池を消耗する。意外とよく持つiPhone6s Plusの電池なんだけどツイッター
やインターネットのブラウジングを一通りしながらポケモンGOをやろうとするとアッと言う間に電池がなくなってしまう。

そこで10,050mAの大容量バッテリーを手に入れたんだけど僕はずぼら者なのでモバイルバッテリーとライトニングケーブルを
そのままカバンに投げ込んでしまう。
ライトニングケーブルはとめずに丸めて投げ込むんだけど気付くとカバンの中でイヤホンや鍵やガラケーのストラップと絡まってたりする。

そんなときにヨドバシカメラをふらふらしていたらポータブルアンプにシリコンバンドが巻き付けられているのを見かけた。

画像

赤いのがシリコンバンド。こうやってヘッドホンアンプとオーディオプレーヤーをまとめるためのものなんだけどこれを見ていたらサイズ感が
スマートフォンとモバイルバッテリーに似ていることに気付いた。

ということで自分のiPhoneとモバイルバッテリーとケーブルをシリコンバンドでまとめることにしてみた。
こんな感じ。

画像

こうやってシリコンバンドでケーブルをまとめておけばカバンの中で散らからなくて便利。
モバイルバッテリーと一緒にまとめてあるか一緒に取り出してすぐ使える。

画像

iPhone6s plusとモバイルバッテリーをまとめて充電するとこんな感じになる。余分なケーブルもまとめてとめておける

画像

横から見るとこうなってる。このままカバンに入れておけばいい感じ。

画像

このやり方だと画面をシリコンバンドが横切ってしまうので充電中に急な着信があった場合には対応にまごついてしまうのが弱点
自分の場合は、iPhoneをデータ通信専用で使ってるので電話がかかってくることはないんだけど電話対応が多い人にはちょっと
おすすめできないまとめ方だけど荷物が多い人にはカバンの中でケーブルがほかのものにからまったりしなくなるのでお勧めできる充電スタイル。

本来ならば、音楽を楽しむためのアクセサリなんだけどちょっと使う場所をかえると思いもよらない効果を発揮したりする。
ポータブルオーディオが大好きな人もそうでない人も是非試して欲しい。

今回使ったシリコンバンドはグリーンハウスの直径14cmのもの。
536円ほどで買えるのでモバイルガジェットまわりのグッズとしてモバイルバッテリーを買う際に一緒に用意しておくとすごく重宝すると思う。
シリコンバンドは家電量販店のウォークマンやイヤホンが売られているコーナーで手に入るので是非一度手に取ってみるといいと思う。

   

Raspberry pi3にRaspbian jessieをインストールする。

夏休みだ!自由研究だ!
ということでメイカーフェア東京2016の物販でゲットしたRaspberry pi3のセットを使うことにした。
HDMIケーブルとLANケーブルとMicroUSBケーブルと2.5A出力のACアダプタと32GBの得体
の知れないブランドのマイクロSDカードにRPi本体とケースがついて8,500円でゲット!!

今回はRaspberry pi3を使うためにやった初期設定についての備忘録を残します。
これまでに自分が記録してきたRaspberry pi2とはちょっと作業内容が異なるので
結構手こずった部分がありました。
これは私の夏休みの宿題ノートです。

今回の目標

Raspberry pi3にキーボードとモニタを接続せずにjessieを導入し、Wifi設定とSSH接続の設定を行う

使う物

  1. Macbook air
  2. Lanケーブル
  3. Lan-USBアダプタ
  4. Raspberry pi 3
  5. MicroSDカード
  6. microUSBケーブル
  7. ACアダプタ

前提条件(OS)

  1. Macbook…MacOS X El Capitan 10.11.5(15F34)
  2. Raspberry pi3…Rapbian jessie 2016.05.31DLはこちらから

作業手順概要

  1. RaspbianをSDカードへの焼き込む
  2. Raspberry pi3とMacbookをLANケーブルで接続して起動する
  3. Raspberry pi3へのWifi設定とSSH設定

1. RaspbianをSDカードへの焼き込む

以前書いたこちらの手順を参照する。
RaspbianをSDカードに焼き込む(備忘録)

公式サイトのDLはクソ遅いので日本国内のJAISTのMirror serverを使うと良い。
Rapbian一覧

2. Raspberry pi3とMacbookをLANケーブルで接続して起動する

まずは焼き込んだSDカードをRaspberry pi3のカードスロットに入れる。
次にMacbook airとRaspberry pi3をLANケーブルとLAN-USBアダプタで接続する。
そして、ACアダプタにさしてMicroUSBケーブルをRaspberry pi3につないでやり起動させる。

Raspberry piをMacbookから操作するためにはSSH接続をしなければいけない。
SSH接続するためには、Raspberry pi側のIPアドレスを知る必要がある。
これは次のようにして行う。

Mac側のターミナルを開き、次のコマンドを打つ。

    $ grep OFFER /var/log/system.log

すると次のような結果が返ってくる。

    Aug 14 01:25:47 あなたのパソコンの名前 bootpd[2015]: OFFER sent <no hostname> 192.168.2.6 pktsize 300

このことからRaspberry pi側のデフォルト状態のipアドレスがわかる。僕の場合は
192.168.2.6だとわかった。

ということで、SSH接続する。

    $ ssh pi@192.168.2.6

すでに何度かSDカードの書き込みをやったりRaspberry piを起動している場合には、こんな感じでエラーがでてくる場合もある。

    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    @    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
    Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
    It is also possible that a host key has just been changed.

そういうときには

    $ ssh-keygen -R 192.168.2.6

このようにしてSSHの公開鍵を再度生成してやってから再度接続する。

接続がうまくいった際は、パスワードの入力が求められるのでraspberryと入力してログイン。

ログインできたら早速vimをインストールしてしまう。※この時点では、Macbook側のターミナルからRaspberry pi側のターミナを開いている状態となっている。

    $ sudo apt-get install vim

DLとパッケージの展開で少し時間がかかるけど我慢。
つづいて初期設定を行う。これはRaspi-configを使う。

    $ sudo raspi-config

すると設定一覧の画面がでてくる。※Raspbianのヴァージョンによって画面が異なる場合がある。
自分がやった設定はこんな感じ。

  1. ファイルシステムの拡張 とりあえずやっておく
  2. パスワード変更 とりあえずやっとく
  3. Boot Options Consoleモードで起動…デスクトップ画面に行かずにパスワードを求める方式
  4. 選択→timezoneの設定
  5. 詳細な設定 sshの設定、Audio設定…オーディオ出力先の設定

設定をfinishすると再起動する。

3. Raspberry pi3へのWifi設定とSSH設定

先ほどと同様にRaspberry piにLANケーブル経由でSSH接続する。

WiFi設定をする。

以前に書いたこちらをもとに設定を行えば大丈夫
Raspberry piを家のWifiに接続する

SSH接続の設定をする。

こちらに別途手順をまとめておきました。
Raspberry pi 3にWiFi経由でSSH接続する

ひとまずは設定完了。

文字入力環境の整備とかプログラミング言語環境とかupdateとかupgradeはまだやってないけど無線化してSSH接続できるようにしておけば
LANケーブルでつないだ場合のような制約から解放されるので大丈夫。
この先はからあげさんが書いているチュートリアルを参考にしていただければ、
無限の可能性をRaspberry piに与えることができるようになります。

Raspberry Pi 3でRaspbian Jessieをセットアップする方法
とくに日本語環境セットアップの部分から追っていくと必要なものをすべてインストールできてしまうのでお勧めです。


Raspberry pi 3にWiFi経由でSSH接続する

以前にRaspberry pi2のSSH接続でやり方をまとめた時とはやり方が若干異なっているのでRaspberry pi3用の手順を改めてまとめます。

前提条件

  1. 使用するハードはRaspberry pi 3 model B+とMacbook air
  2. 設定するOSはRaspbian Jessie 2016年5月31日以降のもの
  3. Raspberry pi 3のWiFi設定が完了し、接続済みであること。まだの場合はこちら
  4. MacbookとRaspberry pi3はLANケーブルで接続している状態で設定を行う。
  5. SSH接続では同じWiFiネットワーク下でノートPCとRaspberry piをつなぐ

事前準備

Raspberry piとMacbookをLANケーブル経由で接続しMacbookのターミナルからSSH接続をして
Raspberry piにログインする。

Raspberry pi3のMACアドレスを確認する。

Raspberry pi3にはWiFiモジュールがすでに内臓されているのでその情報を確認する

$ ifconfig

ここで出てくるwlan0の情報を確認する。HWaddrがRaspberry pi3のMACアドレスなのでこれをメモ帳にひかえておく。

WiFiネットワークの設定情報を確認

Macbook側からWiFiルータのIPアドレスを確認する。
リンゴマーク→システム環境設定→ネットワークの順でネットワークの接続設定を開く
WiFi接続済みになっているのを確認し、詳細を開く。
詳細画面のTCP/IPをクリックし、サブネットマスクとルーターのIPアドレスを確認しメモしておく。

設定事項

Raspberry piに固定IPアドレスを割り当て

Raspberry piにログインした状態で次のコマンドを入力する

    $ sudo route -n

と入力すると結果が返ってくるはず。

Kernel IP routing table

Destination Gateway Genmask Flags Metric Ref Use Iface
0.0.0.0 192.168.2.1 0.0.0.0 UG 202 0 0 eth0
0.0.0.0 192.168.3.1 0.0.0.0 UG 303 0 0 wlan0
192.168.2.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 202 0 0 eth0
192.168.3.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 303 0 0 wlan0

自分の場合はこのような結果が返ってきた。
このとき重要なのは、GatewayのIPアドレスがWiFiネットワークの設定情報を確認で確認したルーターのIPアドレスと一致していること。
一緒であれば同一のネットワーク下にいることが確実になる。
自分の場合はiface0のところでGatewayが192.168.3.1なのでこれだとわかる。
※返ってくる値は各個人の環境によって変化するので適宜読み替えてください。

次に、Raspberry piのネットワーク設定のファイルを編集する。

    $ sudo vim /etc/dhcpcd.conf

設定ファイルに元から書かれいる内容には手を触れずに末尾に次のように追加をする。

    #無線LAN利用時の設定
    interface wlan0
    #割りあてたい固定IPアドレス
    inform 192.168.3.55
    #ルーターのIPアドレス
    static routers=192.168.3.1
    static domain_name_servers=192.168.3.1

これを保存してあげればよい。

WiFiルータ上でRaspberry pi3に固定IPアドレスを割り当てる

WiFiルータの設定画面を開き、固定DHCPの割り当て設定からRaspberry pi側のMACアドレスにdhcpcd.confで記入した固定IPを割り当ててやる。

Raspberry piに設定が正しく書き込まれたかチェック

Raspberry piを再起動し、再度LANケーブル経由でMacbookからSSH接続する。ターミナルから

    $ ifconfig

を叩いて、raspberry piの設定状況をチェックする。wlan0の中で

    inet add:192.168.3.55

という感じで設定した固定IPアドレスが表示されれば設定は成功してるはず。

接続…Macbookのターミナルから接続を試みる

Macbook側でターミナルを開き

    $ ssh pi@192.168.3.55

と入力し接続をする、設定に問題がなければRaspberry pi側のパスワードを聞かれるのでログイン。
これでSSH接続が可能となる。

設定にあたって参考にさせていただいたサイト


Windows10でPython環境を入れてみる。メモ書き

夏のボーナスで買ったサフプロで何かプログラミングをしてみたくなったのでPythonを入れてみることにした。
まずはPythonの実行環境を整えるまでの記録を備忘録として残す。

前提条件

  • 使用したのはSurface pro4
  • OSはWindows 10 Pro
  • バージョン1511
  • ビルド10586.498

Python.orgからptyhonをDL

Python2.7と3.5の二つでインストーラがついたものをDLしてくる

Python3.5.2のDLはこちらhttps://www.python.org/downloads/release/python-352/
僕のは64bitマシンなのでWindows x86-64 executable installerをDLしてみた。

次にPython2.7.12をDLしたhttps://www.python.org/downloads/release/python-2712/
Windows x86-64 MSI installerをDLしてみた。

Pythonをインストールを行うときの手順。

こちらのブログを参考にさせていただきました。
エコな毎日/Windows10でPythonの開発環境を構築する。
インストーラで導入する際のフォルダ構成や設定などの項目はこちらに従う。

自分が参考にしたのは、

VSを終了し、最新のPythonを導入します。

この状態で、コンソール上でPythonを起動した場合、Python3.5-64bitが起動するようになります

この二文の間のところです。

コマンドプロンプトからPythonを使えるようにするための設定

インストールが完了したら、次にコマンドプロンプトからPythonを実行できるようにするためにパスを通す設定をする。設定方法は、
Pythonのdocumentにあるこちらのページに書いてるこちらの解説に従う。http://docs.python.jp/3/using/windows.html
設定方法が書いてある場所は、3.3.1. 補足: 環境変数の設定コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを入力して実行する。

    C:\>set PATH=C:\Program Files\Python 3.5;%PATH%
    C:\>set PYTHONPATH=%PYTHONPATH%;C:\My_python_lib
    C:\>python

三回目のpythonでをたたいたときにPythonのインタプリタが起動すれば設定は成功である。

    Python 3.5.2 (v3.5.2:4def2a2901a5, Jun 25 2016, 22:18:55) [MSC v.1900 64 bit (AMD64)] on win32
    Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.

※Python2.7系統を使いたい場合は、pyとコマンドでたたいてあげればよい。

この先どうしようか?

とりあえず開発環境を入れられたけどこの先何を作るかとかのプランが全然ないのと、
パッケージツールも導入していないので何か課題を見つけたら追って更新していきます。

追記2016年7月18日23:35

pipを使ってライブラリのパッケージをインストールしようとした、ところエラーが出てきた。

Exception:
Traceback (most recent call last):
  File "C:\Program Files\Python35\lib\shutil.py", line 538, in move
    os.rename(src, real_dst)
PermissionError: [WinError 5] アクセスが拒否されました。

これを防ぐためには、コマンドプロンプトを呼び出すときに、右クリックで管理者として実行をクリックしてから実行すればよい。
C:\windows\system32>
そうするとこんな感じで表示されるはず。


20160626横浜散歩 写真にうざいコメントを付ける編。

今年の三月に腰を痛めてしまいそれ以降は、一眼レフとレンズ三本みたいな構成で出かけると坐骨神経痛に苦しむようになった。
そんな私は超軽装備で写真が撮れるX70を手に入れて坐骨神経痛回避しようというアイデアを思い付いた。
キヤノンやニコンのAPSサイズの重量級一眼レフを持った人々に全く劣等感なくさくっと撮れる最高にクールなカメラ。
画質もT1に負けないぞ!

だがどんなにステキなカメラを持っていても梅雨には勝てない。
湿気はカメラの大敵。雨に濡れるのは嫌なのでおうちにこもる!!
雨の日は写真以外のことやろう。ほかの趣味とかRAW現像とか。

そんなある日ちょっとだけ晴れ間がのぞいた。
これは梅雨の晴れ間のお散歩記録である。

すべの写真はRAWで撮影してLrであとからフイルムシミュレーションして現像している。
なお、今回の撮影から互換品のフードことLH-JX70を使用している。
晴れ間の強い日差しから出るハレーションをどれくらい防いでくれるかは正直わからない、
違いを比較するような野暮ったいことはめんどくさいのでしない。ご容赦してほしい。

居酒屋さんの店先
石川町駅近くの居酒屋さん。招き猫の暖簾と酒瓶というありがちなオシャレフォト。イイ感じだ。

坂道
ここは絞り気持ちちょい開放寄せで、でも開放にしないで背景をスゥッと被写界深度の向こうにフェイドアウトというイケてる感じの画作りで。

ブラフ18番館ダイニング
もともと教会の司祭が住んでいたという住宅ことブラフ十八番館。テーブルウェアの花と花瓶の水が夏らしい彩を添える。
ここは午後の斜光が当たるハイライトを絶妙に飛ばして、ダークとシャドウの花と葉を持ち上げてやる。

ブラフ18番館サンルーム
ブラフ十八番館のサンルームに飾られた花。ガラステーブルに置かれた紫陽花、ここは四季の花が飾られる。
ガラスに反射した窓の向こうも背景として取り込む。あえて開放にしないでイイ感じに輪郭線を残す。そして丸ボケ新緑と紫陽花で梅雨のわずかな晴れ間をアピール。

ハレーション
フードをしてても真っ正面から受けた光はハレーションになってしまう。本当はもっとどかんともやを出したかったけど
表現的にしてみたかったのでこんな感じに仕上げてみた。一眼レフだと目を焼かれるからミラーレス機ならではやりやすさが
こんな時に発揮される。

外交官の家
洋館と花と青空というありがちでベタな写真。絞りF11というアグレッシブな絞り込みをやった結果よくわからない写真になった。
オシャレを狙った結果やりがちな失敗写真。

ベーリックホール1
元インターナショナルスクールの寮だったベーリックホール。この日は結婚式場として使われていたらしい。
ジューンブライド。人気がなくなって閉館間際の建物に飾られた紫陽花が傾きはじめた遅い午後の日差しにうつむく。
ここは、ひとつクラシッククロームのフイルムシミュレーションをかけて色を落とす。
ここは雰囲気重視でハイライトの光を思い切って抑え込んでやる。明瞭度もちょい下げて優しめの輪郭線で繊細さをアピールする感じで。

ベーリックホール2
洋館と花pt2どうしてもやりたくなるこの組み合わせ。花を撮るときはきれいなものを探すのが鉄則なんだけどそのあとにイケてる背景を探すという最重要課題が待ち受けている。実はそこが一番難しい
後付けの話だが右側の輪郭強めの丸ボケがイイ感じだ。

まだボーナスで買うカメラを悩んでるって?
大丈夫。X70があればどうにかなるさ。
社外品フードと組み合わせてどうにかそれっぽくすればイイ感じにかっこよくなるぞ。

シルバー ブラック

X70用の社外品フードLH-JX70を試してみる。

みなさんX70ライフを楽しんでいらっしゃるだろうか?
以前この記事でレビューやらアクセサリについて考えた。
当時はUNのアダプタでフィルターを取り付けて運用するという感じだったが先日こんな感じのものを見付けた。


なかなかイケてる。社外フード


超イケてる。純正フード
※写真をクリックするとアマゾンに飛びます。

えっと、純正のフードとそっくりなんです。それでいてお値段が半額以下というプアマンな私にとっては夢のようなプロダクト。
いかんせんお値段が3780円というのを見てあれこれ悩んでレジに持っていきました。ゲット!!
ということで買ったのでどんな感じかレビューします。

じゃん!!
画像
箱の写真がシルバーだからシルバーと思って手に取って開けてびっくり。ブラックでした。
やっちまった…色買い間違えたよ…だが返品とか交換とかしない。買ったものに文句はあんまり言わない。
ノーエクスキューズ。それが私のカメラ道

画像
開けると本体に取り付けるアダプタリングとフードが出てくる。この構成は純正品と全く一緒。外見も超そっくり。
画像
フード本体にはこのフードを扱っているJJCという会社のロゴと商品名ことLH-JX70というのがプリントされてる。

画像
まずは本体にアダプタリングを取り付ける。内側には黒のペイントが施されており乱反射防止のローレットが刻まれている。

画像
アダプタリングにはフィルターが取り付けられるようになっている。ここも純正品とまったく一緒!!いいね。ありがとう!!

画像
そしてここにフードをねじねじしてはめ込む。ねじの切削精度もそこそこイイ感じなので往年のニコンの金属フードを
ねじ山にはめる感覚と表現すればわかりやすいだろうか?微妙に背中がぞくっとくるあの雰囲気ね。

画像
シルバーボディは筐体の黒比率が高いので黒いフードを取り付けてもチグハグな雰囲気にならずいい感じに外した外観になった。
色は買い間違ったけど結果オーライってことにしとこう。
黒ボディでシルバーをつけたら結構きついミスなのでくれぐれもカラー指定は気を付けてほしい。
なお、写真を撮り忘れたけどフードには49ミリの突っ張って固定するタイプのキャップがはまるので前から使ってる人も
そのまま使うことができるので安心してほしい。

画像
この状態でカメララップに包んでショルダーバッグに放り込んで使った印象としては、厚みが増して邪魔になるような印象はなかった。

調べてみるとこのJJCという会社、写真用品を作っている会社らしい。
フード以外にもいろいろな製品を作っているようだ。
会社のオフィシャルサイトは見付けられなかったけどいろんなお店で扱っているらしい。

ということで駆け足でまとめる。

  1. ステキポイント
    • 純正と超そっくりな設計
    • 誰もが手を出しやすい価格
  2. 弱点
    • ねじ山の精度が若干スムーズさに欠ける。これはあくまで主観。
    • フードにプリントされた商品名が結構でかいのとあんまりかっこよくない。
    • 商品の箱にプリントされている商品がシルバーのみなのでブラックとシルバーを買い間違える可能性がある。←お前の確認不足だろ!!

    X70の純正フードが高くてあきらめてた人には超おすすめの一品なのでぜひ手に取って試してほしい。

    次回は、ちょっくらこのフードを付けたX70で撮った写真を載せてみたいと思う。

まだフードなしで撮ってる?
さあさあ、買っとこう!
プアマンズフードを取り付けて仲間になろう!!

シルバー ブラック

100円ショップのハケでカメラを掃除する

カメラを所有するものにつきまとう課題。
それはカメラ掃除だ。
レンズの清掃、フィルターの清掃、センサーの清掃。
カメラ道は常に汚れに苦しむという苦行の道のりであることを皆さんは知っているはずだ。
そして苦行をともに戦うステキな品々も同時にご存じだと思う。

  • シルボン紙
  • ハンドクラップ
  • 無水エタノール
  • レンズペン
  • Fujin
  • ブロア
  • マイクロファイバーのクロス
  • 防湿庫

あれこれお手入れグッズを買おう。週一度だけしか使わないカメラ様のために買おう。
お手入れしよう。なでなでしてにやにやしよう。
そうとも、みんなでキモい変態カメラ野郎になろう!!

あれ、なんか一つおそうじグッズを書き忘れた気がするぞ。
あ、そうそうハケだハケ。
カメラには常に埃やチリが襲い掛かる。持っている人は誰もが知ってると思うが奴らは屋外にも屋内
にもいて四六時中虎視眈々とカメラを狙っている。
けっけけ、ペタ!とカメラに張り付きやがる。
そうだ。悪い奴らめ!と、言いながらブヒュブヒュ!とブロアで吹けばたいていのやつらは飛んでいく。
ところがだ、中には飛んでいかないタフな埃もいる。
おのれ、にくい奴らめ!!
ようやくここで今日紹介するハケが登場する。

ハケ画像1

これは、なんとダイソーの画材コーナーで手に入るハケなの!!絵具とかニスぬるやつね。
カメラを掃除するハケに必要な条件は毛が繊細でコシがあること、いい感じのしなり。そして毛が抜けにくいこと!!
カメラを傷つけずにいい感じに埃を払い落としてくれることが絶対条件だ。
ハケ画像2

ダイソーのハケは個人的に会社の机の掃除に使っているんだけど一年以上使ってきた結果、
こいつカメラに使えるんじゃないか?ってなって試してみることにした。
通常だったらカメラ用品メーカーからいい感じのハケが結構出てるんだけど、
代用品スピリットっていうのかなんとなく試したくなってしまったわけである。

ハケ画像3
毛並みはいい感じにそろっていてそれなりにコシもある。
開けたてだと抜けやすい毛があったりするのですこしほぐしてあげるといいかも。

意外と埃が入りやすいチルトモニタの裏側こういうところもさっさか掃いておけばいい感じにきれいになる。
ハケ画像4

レンズもカメラバッグに入れると意外と埃やチリがついてしまう。
レンズキャップの隙間とかレンズフードを取り付けるための金具回りとかも意外とつきやすい。
複雑な形状なのでブロアで吹くのも意外と手間がかかる。なのでハケでささっと掃いてやる。
そしたら結構きれいになる。百円ショップのアイテムでここまでできるのだ!!
ハケ画像5
ハケ画像6
と、まあだらだら書いたけどハケを買ってカメラ掃除をしようという話でした。
とくにボディの細かいところとかマウント回りはきれいにしておくとレンズ交換時にゴミがミラーボックスや
センサーユニットに飛んでいくのを防ぐことにもなる。だから掃除は大事なのだ。
ということでカメラ掃除用にハケを買おう。

エツミ
やはり安定のエツミのハケ。持ってないけどカメラバッグに一つは入れておきたい。


CURAシリーズのハケ。熊野筆をベースにカメラ用に毛をブレンドしてあるらしい。やっぱり一本機材箱に入れておきたい。ほしいほしい…


横浜散歩20160507

最近はカメラのネタで書くこともないけどいい写真が撮れたので載せてみます。
カメラはX-E2、レンズはXF35mm F2このコンビで撮った写真をLr備え付けのフイルムシミュレーションで現像。
初夏にかけて横浜では町中にいろんな花が咲く、山下公園や港の見える丘公園ではバラが初夏にかけて見頃になるんだけど
今回は山下公園でバラやいろんな花がすごく綺麗に植えられているのを見つけた。
そのことに気づいたのが夕方すぎなのであまり多くの写真を撮れなかったけど代わりに夕焼けがめちゃくちゃ綺麗だった。
ということで余計な話とかは書かずに写真を載っけておきます。クリックで拡大できるよ。

日本大通り

大桟橋

DUCATI

山下公園のバラ

石像with噴水

花

夕焼け

富士のVelviaシミュレーションはやっぱりいい色が出ますね。

Product Comment
XF35mm F2 よく写るいいレンズです。
逆光にも強い。
XF35&T10セット T-10も値段がいい感じになってきましたね。
狙いどきかもしれません。