作成者別アーカイブ: rhizmer

MacでArmosをビルドしたときのメモ

MacでArmosをビルドするの巻

Tanitta(teitter : @trit_techne)さんがD言語で制作したクリエイティブコーディングのフレームワークことarmosをMacでビルドするためのメモ書きです。

素敵なフレームワークを作って公開していただきなおかつビルドにあたって、超初心者の私をサポートしてくださったTanittaさん、ありがとうございます。

私の試した環境

  • マシン : MBP15inch retina 2014mid
  • OS : OSX El Capitan 10.11.6

最初の準備

  • homebrewの導入
  • D言語コンパイラの導入

必要なものの導入手順

1.D言語環境設定

D言語のコンパイラは本家のサイトからDLしてインストールする。https://dlang.org/download.html#dmd
dmg形式でクリックすれば勝手にインストールされる。homebrewからDLするよりか最新のものが入るのでバイナリからインストールするのがよい。

2.homebrewの導入

プログラミングを嗜むMacユーザーは大体知ってるhomebrew、まだ使ったことが無い方はこの機会に入れてみよう。
http://brew.sh

    /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

ターミナルからコマンドを打てば勝手にインストールされる。時間がかかるけどしばらく待てば大丈夫。

3.armosのDL

tanittaさんのリポジトリをDLすれば大丈夫。
https://github.com/tanitta/armos/tree/master
開発専用のフォルダをこしらえてgit clone!!あるいは、お好きな場所にダウンロードする。

上記の四つで必要なものの調達と大まかな環境構築ができた。

次の手順でbrewから必要な依存ライブラリをインストールする。

4.homebrewからdubをインストールする。

dubはD言語のパッケージ管理やプロジェクト生成、ビルドを行ってくれるツールである。

    brew install dub

をターミナルでタイプしてあげればインストールできる。

5.homeburewからglfwとfreeimageとliboggとlibvorbisとassimpインストールする。

armosのビルドするにあたり必要不可欠なライブラリ一式をインストール。
入れてないとエラーで落ちてしまうのでbrewから必ずインストールする。
※2017年2月18日追記 これらのインストールの際にXCodeが古いというアラートが出ると正しくインストールされないのでその際にはXCodeを最新のものにアップデートする必要がある。

    brew install glfw freeimage libogg libvorbis assimp

これで必要なものが揃った。あと一息だぞ!!

6.dubにarmosのライブラリを登録する。

まずはarmosのフォルダのある場所を調べる。自分の場合はこんな感じになった。

    /Users/<your user name>/Documents/armosdev/armos

次にターミナルに以下のコマンドを入力する。

    dub add-local /Users/<your user name>/Documents/armosdev/armos

うまく登録できれば以下のようなアラートが出るはずだ。

    Registered package: armos (version: 0.0.3+commit.170.gc7b62a6)

ビルドまであとちょい!

7.ライブラリ全体のビルド

まずはターミナルを起動して

    cd /Users/<your user name>/Documents/armosdev/armos

てな感じでarmosのあるフォルダに移動する。
そして

    dub build

をターミナルに入力!
うまくいけば文字が大量出てきてbuildができるはず。
もしこの段階で何かエラーが起きた場合は、dubへの登録かdmdでのビルドがうまくいっていない可能性があるのでエラーログ等を調べておく必要がある。

8.exampleのビルドだ!!!

最後はarmosのexampleをビルドしよう。
これのためにこの手順を書いてきた。
長い道のりだったが気を抜かずに行こう。exampleからお好きなテーマを選んでビルドしよう!
ということで僕はimageを選んでみました。
ターミナルでビルドしたいexampleまで移動しよう。

    cd /Users/<your user name>/Documents/armosdev/armos/examples/image

そしてdub runを打てばbuildに少し時間がかかるが待てばアプリケショーンが立ち上がるはずだ。

ということでビルドした結果のキャプチャを下に列挙していく。
自分のコードを書きたい?
私もそう思ってるんだけどいろいろと理解しなければいけないことが
たくさんあるのでまたいろいろと勉強したら書きます。


Adafruit_NeoPixelで遊ぶ

シリアル対応のLEDをArduinoで使うにあたってのメモ書き。

使うもの

シリアルつきLEDについて

LEDの発光セルの内部にマイコンが組み込まれており、
Arduinoから発光のパターンをプログラムすることができる。
RGBなどのパラメータを変更することで色合いを自由に変化させることができる。
ライブラリはAdafruitから公開されているAdafruit_NeoPixel.hを使うことでArduinoやesp8266などから
LEDをプログラムすることができる。

https://github.com/adafruit/Adafruit_NeoPixel

マイコン内蔵RGB 8LEDスティックを使うための準備

ピンヘッダーをそれぞれはんだ付けする。
GND,DIN,5VDC,GND
2.54mmピッチなのできれいにはんだ付けできるはず。
ピンヘッダにジャンパワイヤ(オスーメス)をさし、割り振り通りにArduinoにさしてやる。
DOUTはArduinoの6番ピンにさす。

Adafruit_NeoPixelを扱う。

githubからライブラリをDLしArduinoのライブラリフォルダに移してやれば使えるようになる。
サンプルがいくつかあるうちのsimpleをまずは書き換えてライブラリが提供するAPIを探ってみる。


#include <Adafruit_NeoPixel.h>

#ifdef __AVR__
    #include <avr/power.h>
#endif
//1.Arduinoにつなぐピンの番号を指定する。※ほかのピン番号に変えても大丈夫
#define PIN            6
//2.LEDチップの数を指定する。
#define NUMPIXELS      8

//3.NeoPixelsのライブラリをインスタンスする。
Adafruit_NeoPixel pixels = Adafruit_NeoPixel(NUMPIXELS, PIN, NEO_GRB + NEO_KHZ800);

void setup() {
    //4.これでライブラリを初期化するっぽい。
    pixels.begin();
}

void loop() {
    //5.光らせるセルの番号,光らせるためのRGBの値を引数としてあたえてやる。※引数は整数を入れる。0.5とかだと光らない。
    pixels.setPixelColor(0,pixels.Color(30,0,0));
    pixels.setPixelColor(1,pixels.Color(0,30,0));
    pixels.setPixelColor(2,pixels.Color(0,0,30));

    //6.LEDセルを更新するための関数っぽい。
    pixels.show();
}

自分がわかる範囲でコードを削り込んでみた。重要な部分としてはコメントを割り振った1~6の部分。
関数やクラスのインスタンスを適切に扱うことができればLEDを望む色で点灯させることができるようだ。


通勤カバンに小型ミラーレスカメラを入れて出かけよう

平日の仕事帰りにも写真を撮りたい!!!

秋もちょっと深まって長袖シャツの出番が増えてきた
良い感じの気温だがまだ天気に恵まれない。あともう少し。
シャッターを切りたくなる晩秋よ早く来い。斜陽が紅葉を照らすあの道を私は撮りたい。

サラリーワーカーをやってると本当に写真を撮る機会は休日に限られる。
だがビ、ジネスカバンにカメラを入れたいが通常のクッション式のインナーケースを入れるとカバンは肥大化してしまう。
原因はクッションが肉厚すぎることなんだけど、もうちょうい良いものはないだろうかとヨドバシカメラを探し回ってこんな感じのものを見つけた。

商品画像1
ケンコー・トキナーから出ているアオスタ コファネットという小さなカメラバッグである。※コファネットはイタリア語で貴重品を入れる小箱という意味だそう。

外寸は幅21cm × 高さ12.5cm × 奥行き 10.5cm
内寸は幅17cm × 高さ10cm × 奥行き 8cm

手にとってみたときにX-E2とXF18mmF2のコンビが入れられそうだなと、そして外寸の奥行き10.5cmは自分が使っている通勤カバンにギリギリ入ると考えて買ってみた。
内寸と外寸の差分から見たクッション厚もそうだし実際に触った感じでクッション性は信頼できそうだ。

試しにカメラを入れる。

ということで、X-E2とXF18mmF2のコンビを入れてみた。私の大好きなサブシステム。
画像2

画像3

おお、良いじゃん!!レンズが奥行きを多少圧迫するけどどうにか入れられる。ついでに予備バッテリーも入れられた。

画像4
サイドポケットはファスナーで開閉できるので使用している間にレンズキャップをしまえるし、レンズペンやSDカードもしまえそうだ。これは便利そう。

画像5
さきほどX-E2とXF18mmF2のコンビをいれてみたけどXF35mmF2wrのコンビで入れる場合はカメラを立てるのではなく上向きに寝かせることでいれることができた。
カメラの高さで奥行きを圧迫するが、ライカスタイルの穴あきフードをつけても蓋をきちんとしめることができた。

これは使えそう。

画像6
本来は小型のカメラバッグなので肩紐のストラップもついてくる。しかしながらこの製品、とてもコンパクトなのでマチに余裕があるビジネスバッグやトートバッグ、
リュックといろんな日常カバンの中に入れて使うことができそうだ。
サイドポケットにアクセサリを入れられるところがインナークッションにはないアドバンテージだ。
価格もアマゾンでは1,326円ほどで買えるのでとてもリーズナブルだ。

## 最後に弱点は…
基本的に小型のミラーレス機と単焦点レンズのコンビでしか入れられなさそうだ。
自分が試した限りではX-E2のサイズ感でギリギリ。
そこから小型の単焦点でコンパクトなものに限られてくるので使い方としては潔さが必要そうだ。
それと内側には、マジックテープで仕切りを取り付けられるようになっているけどこれはあまり使わなさそうだ。
とくに革製のカメラケース、ジェケットなどの縫い目がマジックテープに絡まったりしやすいので注意が必要だ。

弱点を考慮してもとても魅力的な製品なのでマイクロフォーサーズ、ニコン1、EOS-M等の系譜なら問題なくいれることができそうなので
是非一度お手持ちのカバンとカメラに対応できるか試してみて欲しい。

↓Click to check at Amazon


iOS10のRAW撮影&現像を試す。

さてさて、先日のiPhone7発表後にiOS10のアップデートが配信されたのですが皆さんはアップデートお済みでしょうか?
生贄になるのが大好きな私はもちろんアップデートしました。
今回のアップデートで写真好きな方々の注目を集めたのはやっぱりRAWデータへの対応じゃないでしょうか。
僕がアップデートしたのはそのためと言っても過言じゃないです。

軽く各プレスが出してるiOS10のRAW対応についてざっくりまとめとくと…

標準のカメラアプリではRAW記録未対応。撮影には対応したカメラアプリが必要

そして今回のRAW対応にいち早くアップデートで対応してくれたのはadobeさんである。
Lr mobileで撮影と現像に対応してくれている。

Lr mobileで撮影することによってadobeが開発したDNG形式というファイルで記録される。
なお、Adobeの日本法人のブログではDNGの特徴についてまとめているので是非確認して欲しい。
https://blogs.adobe.com/creativestation/photo_lr-for-ios-2-5-0

RAW対応になったLr mobileをさくっとチェックしてみる。

僕が利用している環境をまとめておくと以下のような感じ。

  1. iPhone6s plus iOS10
  2. Lr mobile v. 2.5.0
  3. PC側ではLr 2015.5

Lrカメラ画面

Lr カメラの画面
まずはLrでRAW撮影をする画面ではこのようになっている。
DNGで記録する場合は、左側に保存形式の表示が出る。
このカメラ機能は水平器の表示があってちょっとだけ便利。

ファイルブラウズ画面

ファイルブラウズ画面
Lrで記録したDNG形式はiPhone添え付けの写真アプリでは見ることができない。
なのでDNG形式のファイルを見ることができるのはLrからのみである。
撮影&閲覧はLr内部のみということには注意が必要だ。

現像画面

現像画面
そして現像画面はこちら。とりあえずRAW対応以前からのLr mobile画面と全く変わらない。
ただし、ファイルが重たいのでiPhoneの作業環境ではホワイトバランス変更やノイズ軽減など意外と処理のもたつきが生じる。
ゆえに他の写真加工アプリのような軽快さは期待してはいけない。

DNG形式のファイル一つのサイズは確認すると13MB〜18.6MBほどの間で記録されていた。

さあテストシュートに出発だ!!

ということで僕はサラリーマンなので昼間の撮影は平日できない。夜の街を散歩しながらDNGの写真を二日かけて約300枚ほど撮影してきた。
ここに載せる写真はLr mobile内部で現像したものである。
PCのLrと同期させることでPC環境で他の一眼レフorミラーレス同様の現像環境を使えるようになるがまずはiPhoneだけでどこまでやれるか試してみようと思う。

ということで最初の一枚。横浜の夜景。

Lrで撮影、オリジナル状態
(F:2.2 SS:1/15 ISO:800)

これはLrのカメラで撮影したデータを調整をかけずにJpegに書き出した状態である。
Lr mobileで現像した写真にはAPCという文字列から始まるファイル名で保存される。
保存されたDNGのexifを確認するかぎりではLrのカメラはどうやらシャッタースピードは最低値が1/15に設定さているようだ。

iPhoneカメラで撮影
(F:2.2 SS:1/4 ISO:320)

こちらはiPhone標準のカメラアプリで撮影した状態。
シャッタースピードは1/4!!絶対ぶれるだろ。
どうやらアップルのカメラアプリとLrのカメラアプリでは撮影時点でやれることに差があるらしい。
この時点で私にはiPhone標準カメラアプリとLrのRAW環境を比べて現時点では優劣つけることができないんじゃないかと考えた

iPhone標準のカメラアプリでは手に入れることができないRAWデータで豊富な色情報を手に入れられるかわりにLrカメラでは撮影時の設定に制限がかけられている。
要はカメラアプリとしては少し物足りないってわけだ。(※一部の撮影状況での対応においてってことね。)

ただ、上にあげた二枚の写真を見る限りだとLrの写真はiPhoneの写真よりも光の微妙な階調を若干だけど細かいディテールで表現できているのがわかる
そしてiPhone標準のカメラアプリの写真ではノイズリダクションがかかっているせいかビルの壁面がのっぺりしているように見える。
ISO感度と露出の違いも影響しているとは思うがRAW形式のほうが確実に多くの情報量を持っているようだ。

Lrで現像したデータ
というこでLr mobileで現像してみた。ホワイトバランスやハイライトや色相やらあれこれいじったりしたものである。
書き出したJpegはカメラロールに保存される。出力にかかる時間は一枚あたりだいたい12秒くらいだろうか。
一眼レフや高級コンデジのような滑らかで豊かな階調を期待してはいけない。ノイズザリザリだし解像感なんてかけらもない。夜景に関しては。
それでもJpeg撮って出しをいじるよりかは幾分かマシかもしれない。

てなわけでiPhoneのLrで撮影してiPhone上で現像した写真を何枚かあげておく。

画像1
(F:2.2 SS:1/15 ISO:400)

画像2
(F:2.2 SS:1/15 ISO:1250)

画像3
(F:2.2 SS:1/15 ISO:200)

画像4
(F:2.2 SS:1/15 ISO:400)

画像5
(F:2.2 SS:1/30 ISO:160)

画像6
(F:2.2 SS:1/15 ISO:640)

今回のiOS10のRAW現像対応はiPhoneのカメラでできることを増やす対応でiPhone写真の楽しみをひろげてくれるものだといじってみて感じた。
これまでアクセスすることができなかったiPhone写真のRAWデータに触れられるだけでなく編集もできてしまう!!
iPhoneの標準カメラアプリで撮ればノイズリダクションやホワイトバランスなどをいい感じに仕上げてくれるのに対して、Lrカメラで撮った場合は
自身であれこれ考えて現像する必要が出てくるため写真にそんなに興味がない人や、さくっと撮って終わらせたいライトユーザーにとっては魅力的には感じないものだ。

現時点では出たばかりの機能だが、ひょっとすると今後は様々な画像編集アプリがRAW現像をサポートすることでより高度な情報量を生かしてより豊かな表現が簡単にできるようになれば、
意外にもフォトグラファだけでなく一般のライトユーザーにとっても恩恵がでるんじゃんないだろうか。

あんまりまとまってないけど最後にひとこと!

Adobeさん素敵なアプリのアップデートありがとうございます!!!
Lr mobilのカメラ機能でシャッタースピードとISO感度を自分で設定できるようにしてくれると超嬉しいので是非ご検討宜しくお願い致します!!

以上


Raspberry Pi3にPyenvをいれてみた。環境構築メモ

ハード:Raspberry Pi3
OS:Raspbian Jessie
SSH接続して使う環境下での記録です。

pyenvについて

複数のバージョンが異なるPythonを一か所に共存させて切り替えて使用させることができる。
システム添えつけのPython環境をいじらないのでシステムファイルをいじりたくない場合に便利。
Python環境とライブラリをセットにして自分の開発環境を組んでおける。

githubに詳しい説明がありますのでこちらを読んでください。

自分の場合はPythonそのもののアップデートやライブラリの無尽蔵なインストールとアンインストール
などでシステム添えつけの環境を破壊してしまったら怖いのでpyenvを使ってみることにした。

通常の場合だとRaspbianのPython環境は以下の場所に収められている。

/usr/bin

自分の場合はPython2.7と3.4が入っていた。

pyenvを使うと、次のような配置で新しい専用の場所を確保し、Python環境を構築するようになる。
なんかへまをやっても/.pyenv以下をrmしてしまえばいいので大丈夫…なはず。

/home/pi/.pyenv

Raspberry Pi3に入れる手順

※Macユーザーの場合はhomebrewを使うことでインストールができるけどRaspbianはLinuxbrewを使ってもインストールできない。

インストールにあたり参考にさせていただいたサイトはこちらです。たくのこ Web Ubuntuにpyenvを用いてpythn環境を構築しました。

パッケージのインストール

sudo apt-get install git gcc make openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev

.pyenvを作成してそこにpyenvをクローンする。

git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv

.bashrcにパスを設定してpyenvを使えるようにする。

まずは.bashrcを見付けよう。ということで/home/piに移動する。
次に以下のコマンドでフォルダの中身を表示する。

ls -a

オプションで-aをつけることで普段は見れないファイルやフォルダを見れるようになる。
せっかくなのでこの時にちゃんと/home/piの内部に.pyenvが作られているか確認しておこう。
続いて.bashrcを設定するべくエディタで開く。vim以外のほかの何でもよい。

sudo vim .bashrc

.bashrcはbashの環境設定が記述されている。
ファイルブラウズする際の色分けに関する設定や環境変数などを収めてある。
末尾に以下の設定を記載する。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

.bashrcの変更を保存したら。

source .bashrc

のコマンドをたたいて変更を有効にする。

Pyenvの利用

まずは、いままでの導入作業が報われているか確かめよう。

pyenv

とコマンドをターミナルでたたけばちゃんと動くはずだ。

PyenvにPythonを入れてみる。

そのままの状態ではpyenvの環境は空っぽなのでお好みのpython環境をインストールしてやる必要がある。

pyenv install --list

pyenvでインストールすることができるpythonのバージョンを一覧で見ることができる。
また、パッケージ管理ソフトもあるので好きな組み合わせを使うことができる。

pyenv install 2.7.12

僕の場合はこんな感じで2.7.12をチョイスしてみた。※miniconda-latestも試しに入れてみた。
インストールには結構時間がかかる。20分くらいかかっただろうか。その間はほかのことをして待っておいたほうが良い。
なおanacondaやminicondaなどはnumpyなどの外部のライブラリが一緒に備わっている状態のパッケージであるが、
Raspberry piでは利用できない場合があるので注意が必要。
次にpyenvに正しくインストールされたか確認するために以下のコマンドで導入された環境を確認する。

pyenv versions

するとこんな感じで一覧がでるはず。

*system (set by /home/pi/.pyenv/version)
  2.7.12
  miniconda-latest

*がついているのは現在指定されているpython環境を表している。
試しにここでターミナルからpythonをたたいてみよう。すると自分の場合はpython2.7.9が立ち上がった。
この場合だとRaspbianに添えつけて備わっている環境が動いているようだ。
そこでpyenvの2.7.12を使うべく切り替えのコマンドをたたく。

pyenv global 2.7.12

この後にまたpyenv versionsをたたいてみると2.7.12に*マークがつくはずだ。
この状態でpythonをたたいてやれば2.7.12が呼び出される。

あとは好きなようにパッケージのインストールをしたりプログラムを作ればよい。
ということでほかに気付いたことがあったら随時追記していきます。

参考リンク

たくのこ Web Ubuntuにpyenvを用いてpythn環境を構築しました。
https://github.com/yyuu/pyenv
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/linux/l0284.html


モバイルバッテリーとシリコンバンドが良いコンビ

ポケモンGOを機にモバイルバッテリーを買い換えました。

最近なにかと話題のポケモンGO、私も流行りものには抗えない性格なので配信初日にダウンロードして遊び続けている。
現在のレベルは16。まだまだひよっこです。
そんなポケモンGO、GPS使ったりAR使ったりで結構電池を消耗する。意外とよく持つiPhone6s Plusの電池なんだけどツイッター
やインターネットのブラウジングを一通りしながらポケモンGOをやろうとするとアッと言う間に電池がなくなってしまう。

そこで10,050mAの大容量バッテリーを手に入れたんだけど僕はずぼら者なのでモバイルバッテリーとライトニングケーブルを
そのままカバンに投げ込んでしまう。
ライトニングケーブルはとめずに丸めて投げ込むんだけど気付くとカバンの中でイヤホンや鍵やガラケーのストラップと絡まってたりする。

そんなときにヨドバシカメラをふらふらしていたらポータブルアンプにシリコンバンドが巻き付けられているのを見かけた。

画像

赤いのがシリコンバンド。こうやってヘッドホンアンプとオーディオプレーヤーをまとめるためのものなんだけどこれを見ていたらサイズ感が
スマートフォンとモバイルバッテリーに似ていることに気付いた。

ということで自分のiPhoneとモバイルバッテリーとケーブルをシリコンバンドでまとめることにしてみた。
こんな感じ。

画像

こうやってシリコンバンドでケーブルをまとめておけばカバンの中で散らからなくて便利。
モバイルバッテリーと一緒にまとめてあるか一緒に取り出してすぐ使える。

画像

iPhone6s plusとモバイルバッテリーをまとめて充電するとこんな感じになる。余分なケーブルもまとめてとめておける

画像

横から見るとこうなってる。このままカバンに入れておけばいい感じ。

画像

このやり方だと画面をシリコンバンドが横切ってしまうので充電中に急な着信があった場合には対応にまごついてしまうのが弱点
自分の場合は、iPhoneをデータ通信専用で使ってるので電話がかかってくることはないんだけど電話対応が多い人にはちょっと
おすすめできないまとめ方だけど荷物が多い人にはカバンの中でケーブルがほかのものにからまったりしなくなるのでお勧めできる充電スタイル。

本来ならば、音楽を楽しむためのアクセサリなんだけどちょっと使う場所をかえると思いもよらない効果を発揮したりする。
ポータブルオーディオが大好きな人もそうでない人も是非試して欲しい。

今回使ったシリコンバンドはグリーンハウスの直径14cmのもの。
536円ほどで買えるのでモバイルガジェットまわりのグッズとしてモバイルバッテリーを買う際に一緒に用意しておくとすごく重宝すると思う。
シリコンバンドは家電量販店のウォークマンやイヤホンが売られているコーナーで手に入るので是非一度手に取ってみるといいと思う。

   

Raspberry pi3にRaspbian jessieをインストールする。

夏休みだ!自由研究だ!
ということでメイカーフェア東京2016の物販でゲットしたRaspberry pi3のセットを使うことにした。
HDMIケーブルとLANケーブルとMicroUSBケーブルと2.5A出力のACアダプタと32GBの得体
の知れないブランドのマイクロSDカードにRPi本体とケースがついて8,500円でゲット!!

今回はRaspberry pi3を使うためにやった初期設定についての備忘録を残します。
これまでに自分が記録してきたRaspberry pi2とはちょっと作業内容が異なるので
結構手こずった部分がありました。
これは私の夏休みの宿題ノートです。

今回の目標

Raspberry pi3にキーボードとモニタを接続せずにjessieを導入し、Wifi設定とSSH接続の設定を行う

使う物

  1. Macbook air
  2. Lanケーブル
  3. Lan-USBアダプタ
  4. Raspberry pi 3
  5. MicroSDカード
  6. microUSBケーブル
  7. ACアダプタ

前提条件(OS)

  1. Macbook…MacOS X El Capitan 10.11.5(15F34)
  2. Raspberry pi3…Rapbian jessie 2016.05.31DLはこちらから

作業手順概要

  1. RaspbianをSDカードへの焼き込む
  2. Raspberry pi3とMacbookをLANケーブルで接続して起動する
  3. Raspberry pi3へのWifi設定とSSH設定

1. RaspbianをSDカードへの焼き込む

以前書いたこちらの手順を参照する。
RaspbianをSDカードに焼き込む(備忘録)

公式サイトのDLはクソ遅いので日本国内のJAISTのMirror serverを使うと良い。
Rapbian一覧

2. Raspberry pi3とMacbookをLANケーブルで接続して起動する

まずは焼き込んだSDカードをRaspberry pi3のカードスロットに入れる。
次にMacbook airとRaspberry pi3をLANケーブルとLAN-USBアダプタで接続する。
そして、ACアダプタにさしてMicroUSBケーブルをRaspberry pi3につないでやり起動させる。

Raspberry piをMacbookから操作するためにはSSH接続をしなければいけない。
SSH接続するためには、Raspberry pi側のIPアドレスを知る必要がある。
これは次のようにして行う。

Mac側のターミナルを開き、次のコマンドを打つ。

    $ grep OFFER /var/log/system.log

すると次のような結果が返ってくる。

    Aug 14 01:25:47 あなたのパソコンの名前 bootpd[2015]: OFFER sent <no hostname> 192.168.2.6 pktsize 300

このことからRaspberry pi側のデフォルト状態のipアドレスがわかる。僕の場合は
192.168.2.6だとわかった。

ということで、SSH接続する。

    $ ssh pi@192.168.2.6

すでに何度かSDカードの書き込みをやったりRaspberry piを起動している場合には、こんな感じでエラーがでてくる場合もある。

    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    @    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
    @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
    Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
    It is also possible that a host key has just been changed.

そういうときには

    $ ssh-keygen -R 192.168.2.6

このようにしてSSHの公開鍵を再度生成してやってから再度接続する。

接続がうまくいった際は、パスワードの入力が求められるのでraspberryと入力してログイン。

ログインできたら早速vimをインストールしてしまう。※この時点では、Macbook側のターミナルからRaspberry pi側のターミナを開いている状態となっている。

    $ sudo apt-get install vim

DLとパッケージの展開で少し時間がかかるけど我慢。
つづいて初期設定を行う。これはRaspi-configを使う。

    $ sudo raspi-config

すると設定一覧の画面がでてくる。※Raspbianのヴァージョンによって画面が異なる場合がある。
自分がやった設定はこんな感じ。

  1. ファイルシステムの拡張 とりあえずやっておく
  2. パスワード変更 とりあえずやっとく
  3. Boot Options Consoleモードで起動…デスクトップ画面に行かずにパスワードを求める方式
  4. 選択→timezoneの設定
  5. 詳細な設定 sshの設定、Audio設定…オーディオ出力先の設定

設定をfinishすると再起動する。

3. Raspberry pi3へのWifi設定とSSH設定

先ほどと同様にRaspberry piにLANケーブル経由でSSH接続する。

WiFi設定をする。

以前に書いたこちらをもとに設定を行えば大丈夫
Raspberry piを家のWifiに接続する

SSH接続の設定をする。

こちらに別途手順をまとめておきました。
Raspberry pi 3にWiFi経由でSSH接続する

ひとまずは設定完了。

文字入力環境の整備とかプログラミング言語環境とかupdateとかupgradeはまだやってないけど無線化してSSH接続できるようにしておけば
LANケーブルでつないだ場合のような制約から解放されるので大丈夫。
この先はからあげさんが書いているチュートリアルを参考にしていただければ、
無限の可能性をRaspberry piに与えることができるようになります。

Raspberry Pi 3でRaspbian Jessieをセットアップする方法
とくに日本語環境セットアップの部分から追っていくと必要なものをすべてインストールできてしまうのでお勧めです。